せっかくの結婚式なのに肌の調子が悪い時は?

友人の結婚式・披露宴に呼ばれた時は、せっかくの晴れの舞台なので、外見を整えて臨みたいものです。久しぶりに会う友人や恩師などにも、自信を持って顔を合わせたいでしょう。

しかし、たまたま肌荒れが気になっている時期に結婚式の予定が入ってしまうこともしばしばです。そこで、どのような応急措置を取ることができるでしょうか。

まず、結婚式の招待状が届くのは2ヶ月~3ヶ月前が一般的ですので、結婚式の日時が確定したら、次の日からお肌のコンディションを向上させることに気を配るべきでしょう。肌荒れは一朝一夕に治るものではなく、ある程度の期間をスキンケアに集中してこそ改善が見込まれるだからです。

たとえば、結婚式までの2ヶ月間は外食をなるべく避けて自宅で野菜中心の食事を摂るよう心がけたり、週に一度くらいのペースでスキンケア用のエステに通ったりと、ある程度のスパンで肌のコンディション向上に力を尽くしましょう。

次に、なかなか時間が取れず結婚式当日まで1ヶ月を切ってしまったような場合には、少々費用はかかるものの、男性ならメンズエステ、女性なら女性用エステに行き、ある程度高額なスキンケアコースに申し込むのも一手でしょう。時間の関係上予断を許さない状況ですので、ある程度のお金をかけるのもやむを得ない状況だと言えます。

このように、タイミングを合わせて上手に対策を取ることができれば、結婚式という晴れの舞台に自信を持って参加することができるでしょう。