ニキビのセルフケアの主な方法は洗顔と保湿

ニキビは皮脂や汚れが毛穴に詰まってしまい、炎症を起こしてしまう事によって出来てしまうので、セルフケア方法としてまず挙げられるのが洗顔です。洗顔を毎日する事によって毛穴に詰まった皮脂や汚れを取り除き、炎症が起こらないようにする事が大切です。

ニキビが出来るのは肌が乾燥してしまい、皮脂の分泌量が多くなってしまうのも原因の一つなので、洗顔方法に関しては注意する必要があります。

清潔にするという気持ちが強くなって、1日に何回も洗顔してしまうと、肌に必要な皮脂まで洗い落としてしまい水分不足になってしまいます。
肌の水分が不足すると乾燥しやすくなるので、皮脂の分泌量が多くなって毛穴に詰まってしまいます。
このように逆効果になってしまい、ニキビが出来てしまう事もあるので洗顔をし過ぎないという事が大切になってきます。

肌が乾燥する事もニキビが出来る原因なので、セルフケア方法として保湿させる事が大切になってきます。
クリームや化粧水を入浴後に塗る習慣をつけ、肌に潤いを与えていくと乾燥しにくくなってきます。
毎日続ける事によって肌の保湿力を高めていく事が出来るので重要なセルフケアと言えるでしょう。

その他は睡眠をしっかり取る、栄養バランスの取れた食事をするなどもニキビのセルフケアになるので取り組んでいきましょう。